春むきなロゼワイン



お待たせしました〜  先日お知らせしていた春のワイン

第一弾はロゼワイン!

※ A.O.Cボルドー  「レ・オー・ドゥ・ラ・ガフリエール」

カベルネ・フランとメルローからつくられた骨格のあるワインです。

グラスでのご提供です。

兼六園の桜が咲いたようです。お花見気分で飲みにきてくださいね!

お待ちしています。

 

春めいたと思ったら・・

 
お彼岸も近くなりすっかり春めいたと思ったら来週は雪マークついてますね。

でも、もう気持ちはです。

ワインも料理も春の装いといきましょうか!

春の新入荷ワインのご紹介です。

まだメニューに載っていないのですが、先行でご案内します。

まずはロゼ。春はやっぱりロゼ気分!


※ A.O.Cボルドー  「レ・オー・ドゥ・ラ・ガフリエール」

カベルネ・フランとメルローからつくられた骨格のあるワインです。


グラスでご提供 1glass ¥550


※ アルゼンチン 「ラス・モラス ソーヴィニヨン・ブラン」

オーガニックワイン こちらはボトルでご提供 


1bottle ¥3,300


※ アルゼンチン 「ラス・モラス カベルネ・ソーヴィニョン」

オーガニック


1bottle ¥3,300

近日メーニュー更新の時に登場致します。お楽しみに!!!

番外編
メニューには載らないストックワインです。いつもと違った
ワインを楽しみたいという方は是非。ご相談ください。
秘蔵っ子のワインをお出ししています。

そんな中から今回はこの一本をご紹介!!

※ スペイン 「エンボカデーロ」

洗練されたフルボディ のみごたえは保証します。


1bottle  ¥5,400

みなさん春はワインがぴったりの季節です。
ぜひカーサミアの料理やおつまみと合わせてください。
お待ちしています!!

コルク栓とスクリューキャップ

きょうはチリワインを試飲しました。「黒い羊」という名前のシリーズでした。
気温上昇中のこの季節にピッタリの白だったので入れることにしました。
赤も飲んだことのないぶどうでおもしろいのがあったので入れちゃいます。
近日入荷予定なのでまた後日詳しくご紹介いたします。
ファルネーゼのロゼも入荷しますのでご期待ください。

さて、今回の試飲のワインも、好評販売中のグレイス甲州も



そうなんですが、最近スクリューキャップのワインが増えてきましたね。
そこで瓶詰めワインの栓のお話です。

ワイナリーやネゴシアンの話、僕なりに調べた事も交えながらいくつかある理由を解説したいと思います。

まずその前にコルクを使う事が環境破壊につながるから人工コルクやスクリューキャップが増えてるとお思いの方、それは全くの誤解です。実際そのような情報も流れた事もありました。自然保護団体が立ち上がってコルク使用を中止しようという運動もあったようですが、後にこういった団体もコルクを使用する事で森林環境が破壊される事はないと訂正しています。
コルクというものはそもそも木の皮です。コルク樫という木の、ぶあつい樹皮をはぎ取って加工します。木材のように木を切り倒すわけではありませんし、樹皮をはぎ取った木は20年近くたって皮を再形成するまで大事に育てられるのでコルク樫の森がなくなる事はありません。

では、なぜコルク栓の瓶詰めワインが減ってきているのでしょうか。
それには大きく二つの理由があるようです。
一つは早飲みワインが増えたこと。二つ目に品質向上のためです。
詳しく言うと、世界的な流れでしょうか、日本酒が日本国内で消費されなくなってきているようにワインの主要生産国でも国内消費が減ってきています。そこでヴィンテージワインよりも、はや飲みワインの生産が多くなってきました。熟成が必要なヴィンテージワインは、保管するストックスペースが必要で、コストがかかるので長期熟成の必要がない早く出荷できる早飲みワインの生産にシフトしているようです。長期熟成にはやはりコルク栓が必要です。微妙な空気の交換がワインをゆっくりまろやかにしてくれます。逆を言えば早飲みワインにはコルク栓が必要ない(後述)ということです。
二つ目にあげた品質向上のためとはどういうことでしょう。コルク栓というのは前述したように自然の木の樹皮を加工します。天然素材ゆえの品質のばらつきや劣化がワインにダメージ
を与えます。ワインのコルク汚染はブショネ(コルクテイント)といいます。これは出荷され
たワインの5パーセントほどにも上るそうです。20本中1本の割合と考えると気にな
りますね。この解決策としてワイナリーが採用しているのがスクリューキャップなのです。

フレッシュさが売りの早飲みワインにはコルク栓が必要ないと言いましたが、誤解を招かないように説明するとスクリューキャップがワインの熟成に直接関わらないということであって
、ワイン自体は瓶内熟成が絶え間なく進みます。そこに加えてコルク栓の時はわずかに外気が入り込む余地があるので複雑な熟成が加わります。一説にはスクリューキャップで密閉された瓶内熟成のスピードはさらにゆっくり進みワインの味わいに良い影響を与えるという説もあります。

いずれにしても未だ研究段階にあり一長一短。ワインの栓にはなにがベストなのかの結論が出るのはまだ先になります。しかし以前のようにワインにはコルク栓しかない、という独占状態の時代よりも品質管理の研究に熱心になり消費者にとっては良い方向に加速しているようですね。
このようなことも踏まえながらワインを飲むとさらに味わいが深まるかもしれませんね。

勝沼のワイナリーから



山梨 勝沼のワイナリーからグラスのプレゼントが届きました。

http://www.grace-wine.com/



先日、金沢で「GRACE WINE」中央葡萄酒というワイナリーの
試飲会があり行ってきたので、送られたんだと思いますがとても
うれしいプレゼントです。
残念ながら肝心の中身が届いていません。というかまだ発注して
いません。検討中というところですが、もたもたしているところ
に、先手を打たれてしまいました〜 
世界的にも評価が高まっている国産ワインにおいて、このワイナ
リーのワインはとてもすばらしいです。間違いなく近日入荷いた
しますので、どうぞお楽しみに!!!

ワインが良い

先日、国産ワインの試飲会にいってきました。国産ワイン侮るなかれです。
世界でも高評価の勝沼はクオリティ高く味わい香りは、フランスワインにも負けていません。
近々、入荷予定しています。

ところで、カーサミアには小さいながらもワインストッカーがあります。



その中には長期熟成に向いたワインが眠っています。先日お客様のご注文もあり秘蔵っ子の2004年のバルバレスコをお出ししました。
酸味と渋みがまろやかになって大変美味しゅうございました(*^o^*)

というようにメニューに載っていないワインもございます。ぜひお尋ねください。高いものというわけではなくて美味しいものが眠っていますのでご安心を ^o^

ワインセミナー

ワインの試飲会と洋酒セミナーにきています ー勤労者プラザー





試飲会

今日は稲葉のワイン試飲会でしいのき迎賓館に行ってきました。



名古屋では100本以上のワインを試飲してマラソンのように体力を使いましたが、今日はほどほどの量なので絞り込みができたかな〜
きょう選んだワインを入れて、近々、ワインリストを刷新しようと思います。






ワイン試飲会

ワイン試飲会に行ってきました。




イタリア、フランス、ドイツのワインがでてた。春は軽い泡ものの季節です。カーサミアに近く入荷予定!

来週も試飲会だ(^ー^)ノ



ワイン、ワイン

今日の晩ご飯はうち鍋!

味噌だしのタラと白子とカキと豚の鍋
〆はうどん。

合わせたワインはチリのスパークリングでした。
近所の酒屋の大ちゃんオススメ!
リーズナブルで飲み口よい良い?さすが大ちゃん? val di vieso brut

このワインの情報がスマホで見えるんです。最近のワインの裏ラベルについてる「ブドウマーク」実はバーコードだった!






「wine-link」っていうアプリで読み込む?



すると産地とか品種の情報がみられるし履歴が遺せるからラベル剥がさなくてもいいかも?


ワインがオススメ

カーサミアはワインが充実ナウ!

国産ワインの
赤ワイン「勝沼」
白ワイン「甲州」

先日解禁のボジョレーヌーボーにイタリアのヌーボー「ノベッロ」

南アフリカの「ボランドセラー ピノタージュ」

ボルドーの「ジルウェット デュ シャトーペルンヌ」これオススメ

イタリアサルデーニャから「カリニャーノ リゼルバ」











もちろん定番ワインもちゃんとあります


calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

営業日のご案内

12/26(月) 営業します。 お正月のお休み  12/31〜1/4です。

<カーサ・ミア>メルマガ登録

メルマガ会員大募集中!!
QRコードを読み込んで
メルマガ登録アドレス
を取得!!

メルマガ仮登録

メルマガ変更・解除

アドレス変更は こちら より行ってください

メルマガ解除は こちらより行ってください

居酒屋 カーサ・ミア

ホームページ http://casamia.jp
twitter @casamiajp
facebook www.facebook.com/casamia.jp 920-0968 金沢市幸町7-5
tel 076-262-3553
fax 076-262-4413

ツイート

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

書いた記事数:597 最後に更新した日:2016/09/25

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM